重度引きこもりから社会復帰

社会不安障害(対人恐怖)で、外出できませんでしたが、思い立ってカウンセリング・認知行動療法を通して会社勤めするまで回復した経過や、体験した事、また引きこもっていた当時の事などを、引きこもり目線で書いていきます

「CloudFlash CLF-WF01 Rev.2 WiFi(802.11 b/g/n)内蔵SDカードアダプタ 」を購入

f:id:fixtan:20180213141731j:plain

 

  Lei03用に間違えて購入した、 WiFi(802.11 b/g/n)内蔵SDカードアダプタCloudFlash CLF-WF01 Rev.2の紹介。

 

 

 

 この商品、内部にLinux(ubuntu)が入っているようで、色々できるようです。

 下記のサイトが詳しいです。

 

hitoriblog.com

 

 

 なんだか夢があって楽しそうですが、僕の方はゆとりがないので深く突っこんで調べてないです。現在、レッツノートに差し込んでいるのですが、SDカード内でLinuxが動くのでちょっとした実験とか出来そうです。Perlが、デフォルトで動くようなので即スクリプトが書ける?)

 

 

 

 付属品SDカード用のケースの中に4枚のSDカードを収納でき、microSD用のケースが付いています。

 写真のKingstonのSDカードアダプタや、MicroSDカーは手持ちの物で、付属品には含まれていません。

 

f:id:fixtan:20180213150655j:plain

 

 試しに、16GBのmicroSDカードを入れてみました。一般的なmicroSDカードアダプターと同じように差込口は、下側にあります。

 

f:id:fixtan:20180213153314j:plain

 

 MacbookAirに差し込み。

 

f:id:fixtan:20180213153445j:plain

 

 通常のSDカードと同じように表示されました。このままSDカードとしても使用できます。

f:id:fixtan:20180213153617j:plain

 

 この状態で、Wifiのアクセスポイントをみると、CloudFlashというのが増えているのがわかります。とりあえず、接続してみます。

f:id:fixtan:20180213153745j:plain

 

 接続完了後、http://192.168.1.1/ を開くと、ステータスや、設定、画像の確認、ダウンロードが出来る画面が表示されます。

 

f:id:fixtan:20180213154801j:plain

 

以下は、ステータス画面。

 

f:id:fixtan:20180213165815p:plain

 

 セットアップ画面を開くと、無線LANのセッションIDの変更や、パスワードの設定ができます。暗号化方式はWPA2。

 

f:id:fixtan:20180213161004p:plain

 

 

 

FTPでアップロード( MACWindows

 

 WindowのノートパソコンにCloudFlashを差込み、MACからFTPでファイルをアップロードしてみます。FTPソフトは「FileZilla」を使います。

 

 FileZillaを起動して、ホスト名を「192.168.1.1」にして、Enterで接続。

 完了したら、下にディレクトリツリーが表示されます。

 右側の「/sd」というのが、CloudFlash です。

 試しに、ユピテルからダウンロードしたテルのキャラが入ったpdfファイルをアップロードしてみます。

 

f:id:fixtan:20180213173446p:plain

 

「teru_SD.pdf」の中身は以下です。(Lei03には残念ながら出てきません。。ガッカリ。。)

f:id:fixtan:20180213173757p:plain

 

 アップロードが完了したら、Windows側に移動してファイルがあるか確認してみます。

 以下のように無事アップロードできていれば成功です。

 

f:id:fixtan:20180213175756p:plain

 

 デジカメなどでの使用の際に無線で画像をダウンロードする以外に、逆にアップロードしたり、wifiでちょっととしたファイル共有的な使い方が出来ます。

 

 Linuxが動くようなので、内部でスクリプトなどを組めば、フォルダ内を監視して自動でファイルを個別に転送するような便利な事も可能かも?(試していないのでいい加減)